歯を失った方へ

  • HOME
  • 歯を失った方へ

歯を失うことについて

歯が抜けたままにしていると?

歯が抜けたままにしていると、機能・生活・審美的に様々な影響が出てきます。

機能的には…

歯は、空間がある方向に動く性質を持っています。そのため、抜けたところに隣り合った歯が倒れてきたり、噛み合った場所に生えている歯が徐々に伸びてきたりします。このように周囲の歯が動くと、噛み合わせが悪くなります。さらに、噛みやすいところばかりで噛むとバランスが崩れ、顎関節症の原因となり、顎に痛みが出たりお口が開きにくくなったりし、肩こりや関節の痛みに繋がることもあります。

生活面では…

歯をなくしてきちんと噛めなくなると、食べ物が消化しにくいまま飲み込んでしまい、胃腸に負担がかかってしまいます。十分に咀嚼ができていないと唾液の分泌が足りず、口臭の原因となることがあります。
また、抜けた歯の部分から空気が漏れるので、上手く発音ができなくなります。聞き取りづらい話し方になるために、人との会話自体に消極的になってしまうこともあります。
その他、食べ物を噛む以外にも噛み合わせの刺激は脳を活発化する効果があります。歯を失ったままにしていると刺激がなくなり、認知症になるリスクが高くなるとも考えられています。

審美的には…

歯が抜けている状態は見た目の印象が悪く、人前で口を開けることに抵抗を感じるようになることも。また、歯がなくなった部分は歯茎が小さくなり、位置が下がってしまいます。失った歯と歯茎が下がることで、頬がこけたように見えたり、たるんで見えたりします。前歯がなくなった場合は口元のしわにも繋がってしまいます。
このように、歯を失うと食べ物を噛む以外にも様々な影響をおよぼします。「目立たないから」、「1本ぐらいなくても困らないから」と放っておかず、歯科医師に相談して治療をするようにしましょう。

歯が抜けた時の治療方法

インプラント

手術によって人工の歯根を顎の骨に埋め込み、それを土台にして人工歯を取り付ける治療法です。見た目は天然歯とほとんど変わらず、失った歯の部分だけを治療することができます。

入れ歯

失った歯の代わりに使用する、取り外し可能な装置のことです。部分入れ歯は天然歯にクラスプ(金属のバネ)をかけるため、無理な負担がかからないように調整します。天然歯が1本もない場合には総入れ歯となりますが、歯茎と粘膜で入れ歯を安定させる必要があります。

ブリッジ

失った歯と隣り合う2本の歯を削って土台にし、橋を渡すようにして人工歯を入れる、固定式の入れ歯のことです。失った歯が1〜2本程度で、隣り合う歯が健康であれば適応となります。

各治療のメリット・デメリット

インプラント
メリット

天然歯とほとんど変わらずものが噛めますし、見た目も自然に仕上がります。残っている天然歯に負担がなく、取り外してのお手入れは必要ありません。メンテナンスをしっかり行えば、長持ちさせることができます。

デメリット

手術が必要で、治療期間が長くなります。また、自費診療となるので治療費が高額になります。すべての方が受けられるわけではなく、顎の骨の量や硬さによっては適応とならない場合があります。

入れ歯
メリット

手術の必要がなく、ほとんどの方が適応となります。残っている天然歯を削る必要はありません。取り外してお手入れをするので全体を洗浄でき、衛生的です。保険が適用され、費用が安く済みます。

デメリット

ものを噛むと違和感があり、安定性に欠ける場合があります。顎の骨が痩せてきたり、入れ歯がすり減ってきたりすると、調整や作り替えが必要になります。部分入れ歯の場合、クラスプが目立って見た目が悪くなることがあります。

ブリッジ
メリット

安定感があるのでしっかりと噛むことができ、治療期間は比較的短く済みます。自費診療になりますが、セラミックの人工歯を使用すれば、天然歯と似た色調となるので自然に見え、変色することもほとんどありません。保険適用の歯を使用すれば、費用が安く済みます。

デメリット

土台となる天然歯を削る必要があり、健康な歯に負担がかかります。固定されているので、ブリッジと歯茎の間にプラークが溜まりやすいことがあります。

お口の機能性を回復させるならインプラント

良好な噛み心地・噛み合わせが実現できます

歯を失った時の選択肢として、当院ではインプラントがファーストチョイスだと考えています。ブリッジの場合、土台となる健康な歯を削らなくてはいけません。また、入れ歯の場合、あくまで歯茎の粘膜で力を負担することになるので、噛む力には限りがあります。さらに入れ歯を固定するために「クラスプ」という金属の金具を近隣の歯にかけるので、どうしてもその歯に負担をかけることになります。そして短期間で破損したり、修理が必要になったりします。
そうしたことを考えると、歯を失った時の治療方法として、インプラントは最適だと思います。ただし費用がかかりますので、各治療方法のメリット・デメリットをよくお伝えしたうえで、患者様自身にお選びいただくようにしています。

インプラント・入れ歯・ブリッジの費用

インプラント

人工歯根部分 1本:200,000円(税別)
上部構造 ・オールセラミック冠:1歯につき90,000円(税別)
・メタルボンド冠:1歯につき90,000円(税別)
・硬質レジン前装冠(金パラ)ハイブリッドレジン:1歯につき50,000円 (税別)
・銀合金冠:40,000円(税別)
※4歯以上の連結は10,000円加算
骨造成 ・GBR:1部位につき20,000円(材料費含む)
・PRF/CGF:1枚につき5,000円
・サイナスリフト:1箇所につき50,000円

入れ歯

金属床入れ歯 100,000円(税別)
※クラスプ1個につき20,000円(税別)加算
※アタッチメント1個につき80,000円(税別)加算
※歯冠修復は別途費用が必要

ブリッジ

単冠に準じる(歯数×1歯の金額)
※連結する場合は、一箇所につき10,000円(税別)

単冠の費用 ・オールセラミック冠:90,000円(税別)
・メタルボンド冠:90,000円(税別)
・金合金冠:60,000円(税別)
・硬質レジン前装パラ金冠:50,000円(税別)
・レジン前装銀合金冠:40,000円(税別)
・銀合銀冠:30,000円(税別)